RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
神奈川県 A・S様 《D-PROPextend》
> marantzのプリメインアンプPM-11S3に『D-PROPextend』をご購入頂いたA・S様より、使用してみてのご感想をお送り頂きました!

エクステンドを買いました。
高音のキツさがとれ,のびのびと鳴っています。
高音の細かい表現力にはびっくりでした。
SNが…とか多くの人のコメントがよくわかりました。

アンプが重くてエクステンドを置きづらいので苦労してました。
よく見たら穴にはみ出して設置していたので,黒い部分だけになるようにしたらさらにハッキリ聞こえてきています。
これから色んな発見に驚くんでしょうね。

ちなみに、805Dの専用スタンド,アステカゴールド8枚,白4枚も使っています。

>ご感想をお送り頂き、ありがとうございます!
今回は、PM-11S3用にインシュレーターを検討されているとの事で、推奨の組み合わせ&セッティング位置をお問い合わせ頂いてから、ご購入頂きました。

ちなみに、marantz PM-11S3用のインシュレーター設置位置は、下記の通りです。

<設置のポイント>

 Ш玄蠢阿琉銘屬、3店の中で最も大切な位置です。
標準の足を避けた後ろ側、やや内側(右側)付近に設置するようにします。

◆П手前の位置は、標準の足の内側(左側)で、底面(黒い部分)の手前側に設置するようにします。

:後ろ側の1点は、 底面(黒い部分)の後ろ側に設置するようにします。
この時、左後ろの角と右後ろの角を上から押してみて、左右の重量バランスが均一になる位置となるようにD-PROPextendの設置位置を左右に調整して下さい。

KRYNAのインシュレーターシリーズは、機器からの振動を適切に受け取る事で効果を発揮する製品のため、インシュレーターの天面が機器の底面にしっかりと乗るようにする事が大切です。
放熱用のスリットのある部分や、段差の部分などに設置した場合は、効果が出にくくなってしまう事もありますので、皆様もご注意下さい!!
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 17:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 T.S様 《Azteca》
> ルームチューニング材の「Azteca」をご購入頂いたT.S様より、実際のセッティングとその効果のレポートをお送り頂きました!

いつもお世話になっております。
先日はメールありがとうございました。



昨日、「アステカ」(2個)購入させていただきました。
スタッフMさんのアドバイスに基づいて、リスニング後方(高さ1.4m)に設置しました。
効果覿面です!音圧レベルが上がり、音場が広がり、定位がはっきりしました。特にTV・ラジオ音声のナレーションがはっきりして聴き取りやすくなりました。





しばらくこのセッティング(チューニング)で使用していきたいと思います。
その他の御社製品については、また相談して上で検討していきたいと思います。
その時はよろしくお願いします。
ありがとうございました。

>ルームチューニングのレビューをお送り頂き、ありがとうございました!
T.S様の場合は、スピーカーが部屋の右側に片寄ったセッティングがベースとなり、さらに右側にはカーテンのある窓、手前側(リスニング側)にはベッドと、前後・左右の響きのバランスが崩れた状態からのご相談を頂きました。

もともと、現在Aztecaを取り付けてある場所には吸音材のWatayukiを設置頂いていましたが、音を吸ってしまっているベッドの付近のため拡散材のAztecaに変更し、Watayukiはスピーカー側の上の方に移動する事で、部屋の前後で響きのバランスを調整して頂きました。

こんなに小さいのに・・・・と言われる事も多いAztecaWatayukiですが、適切にセッティングをすることによって2〜3個からはっきりと効果が出てくるため、非常に調整のしがいがある製品ですね♪
続いて、スピーカー側にもAztecaを導入頂きましたので、そちらのレポートも後日ご紹介させて頂きます!
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 17:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
兵庫県 H.T様 《AztecaTower》
> 兵庫県にお住まいのH.T様より、KRYNAのルームチューニング材AztecaTowerの追加レポートを頂きました!

3本の4段タワーの間に3段タワーを2本追加。
想像を越える変化。
音の厚みと響きの濃密さに驚きました。



何を聴いても素晴らしい。
特にオーケストラの量感、協奏曲のソロの存在感とエネルギー感に眼をみはりました。
タワー恐るべし



>いつもレビューをお送り頂き、ありがとうございます!
レビュー本文では、「3段タワー」と記載されていますが、その後さらに段数を追加され、最終的には写真の『4段タワー5本』にグレードアップされ、さらに濃密なエネルギー感を実感して頂きました。
オーケストラとピアノをよく聴かれるというH.T様ですが、特にオーケストラのダイナミクス、そしてピアノの響きと空気感が格段に良くなった事と思います。
タワーが揃った後は、スピーカーの位置や方向などを見直してみると、さらに【ホログラフィックサウンド】が実現できるセッティングが見つかるかもしれませんね♪
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 16:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
東京都 kobuyan様 《Pico》
> 東京都のkobuyan様より、KRYNAのプリメインアンプpicoのレビューをお送り頂きました!

この度、Picoを購入したのでレビューします。
昨年9月に完全な初心者にも関わらず、PLUTONに突撃し、見事に中古K102とStageを即決。。とはなりませんでしたが購入
アンプは前から使っていたPMA-1500SEのままでした。
アステカタワーやinca5、spca5、も導入しそこそこ良い音出してるんじゃない?
と勝手に思ってはいましたが、PLUTONの試聴会に行ったときにそれは「ま・ち・が・い」だと完膚なきまでに思い知らされ、年末の忙しい時にPLUTONに押し掛け、たまたまあったK102にPicoを繋いで貰い試聴し購入となりました。

まず外観、コンパクトで質感も有りかっこ良いです、チープ感はまったくありません。
一枚のボードの上にPico+DDC+DACを載せられるのが良いです。



ボリュームは手応え感も良くスムースです、
音量の上がり方がリニアで段がなく音量を下げても解像度が変わらないので夜中やBGM的に流す時にも最適です。

そして音は前のアンプとの比較になってしまいますが、1500SEもD-Prop入れたりしてたのでそこそこはホログラフィックになってたとは思うんですが、レンジが狭かったので、なかなか音が軽く抜けないし吹け上がらない。
定位位置もせいぜいSPのウーハーの高さぐらいのライン
駆動力不足で音の立ち上がりが異様にスローに感じました。(付帯音が減った為なのか?)

対してPicoはかなりワイドレンジで上から下まで軽やかに伸びてきます
定位の位置が30〜50cm上がりツイーターより明らかに上になりました、
駆動力が高いせいかスピード感が半端ないですね変えたばかりは一瞬早送り!?(笑)ってなりました
そして、綺麗に音がスピーカーから完全に離れました。
バロック音楽は壁一面の上のほうから音が降ってくる感じがしますし、
気が付くと上を見上げながら音楽を聴いてます。

パワーも15平米の部屋では十分過ぎるぐらいだと感じてますし、取り回しも良く、電源入れっぱなしでも熱くならない。
ノイズ(電気信号と反響音と振動)対策をやっていけばどんどん音が良くなっていくので、やり応えありますし勉強になりますね(まさにエントリー)

僅かアンプ2台目でこれだけの物に出会えたのはかなり嬉しいです。
やはりkryna謹製はエントリーでも素晴らしいですね、暫くメインで活躍してくれそうです。

>プリメインアンプpico導入のご感想をお聞かせ頂き、ありがとうございました!
前回のレビューでは、K102Stageに使うためのキャビネットインシュレーターHugのレビューも頂いておりましたが、picoもお気に入り頂けたご様子で、大変嬉しく思います♪

これまでお使いだったアンプ(DENON PMA-1500AE)もエントリークラスのプリメインアンプとしては人気のモデルではありすが、【ホログラフィックサウンド】の表現力で見ればpicoの力は圧倒的!!
スピーカーからの音離れ、立ち上がりのスピード感や鮮明さ、そして音場空間の高さ・広がりの表現など、今までに体験した事のないレベルの音に、ビックリされたのではないでしょうか?

小型のシステムでも、スーッと広がる音場空間が再現出来るのは【ホログラフィックサウンド】を再現するKRYNAのシステムならでは!
更なるグレードアップの方法や、セッティングの調整などについてなど、ご不明な点がありましたらぜひお気軽にご相談下さい☆
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 17:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
埼玉県 nao様 TubeRadiator
> 埼玉県のnao様より、真空管用の放熱フィンチューブラジエーターのレビューを頂きました!

KRYNAのチューブラジエーターは以前オーディオ雑誌で見てから気になっていたものの、私が使用しているアンプは真空管同士のクリアランスが狭く、またモノラル仕様のため必要個数が多く金額もばかにならない、とあきらめていました。

しかし、どうしても諦めきれず、PLUTON SHOPにTELにて相談。
すると、裏技的に狭いクリアランスの場合の対処法を丁寧に教えて頂き、購入を決断。

翌日に届いてすぐ装着にかかると、なるほど謳い文句通り、セットは実に簡単。ゆっくり丁寧にやれば、注意書きにあった「真空管にキズが付く場合がある」というのも杞憂に過ぎないと思いました。
何より驚いたのは、これまた謳い文句通りに、音場空間が見事に出ること。

失礼ながらオーディオの世界は誇大広告が多いので、長くオーディオをやっているとそのような言葉を聞いても反応しなくなってしまうのですが、本当に素晴らしい。
謳い文句に嘘偽りはありませんでした。

トータルではけっこうな出費になってしまいましたが、音を聴いた後はしみじみと、買って良かったと思いました。
ありがとうございました。

>レビューをお送り頂きまして、ありがとうございました!
KRYNAのチューブラジエーターは、本体部分の厚みが6〜8mmほどありますので、真空管と真空管の間が15mm以上あいていないと、そのまま取り付けする事が出来ません・・・
(詳しくは、スタッフブログでもご紹介しています⇒チューブラジエーターを付けるスペースはありますか?

裏技的な方法として、下のイメージ図の様にチューブラジエーターのじゃばら部分をかみ合わせるようにして取り付けをすると、真空管同士が近い場合にも取り付けが可能です。(この場合は、付属のリングは使用できません。)



チューブラジエーターについては、放熱による真空管の長寿命化だけでなく、音場空間の広さ・明瞭さがはっきりと表現される様になるのが大きなポイントですね!
真空管アンプをお使いの方の必須アイテムとして、ぜひ皆様にもお使い頂きたく思います。
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 15:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
兵庫県 H.T様 
> 兵庫県にお住まいのH.T様より、KRYNAのスピーカーケーブルSpca7AztecaTowerのレビューを頂きました!

スピーカーを左右の壁から等距離に置き、中央サーロジックLVパネルを外しタワーを設置。
クライナスピカ7を接続。音世界が変わりました。
高さ、奥行き、広がり全てが桁違い。音質は柔らかく透明感に満ち、浸透力があります。
ピアノはアタックがきつくないのにハンマーが弦を打つ瞬間の微妙なタッチが克明に伝わります。
そして音が消える時、空間に溶けて広がっていく様が眼に見えるようです。
優れた教会録音では正面壁全体から音が降ってきます



今までの音は何かが間に詰まっていて、音のエッジがきつかったことがわかりました。
クライナは全く自然です。
軽い音と言う表現が初めて理解できました。
でもピアノの音の伸びやエネルギー感は凄くて、柔らかとパワーを合わせ持つ驚くべき製品です。

定位も素晴らしくボーカルの口元がピンポイント。ゾクッとするほどです。
クライナ製品がひとつ増えるごとに階段を上がっていく。
 ポリシーが明確で揺るぎない貴社に心から共感します。

次はタワー数を増やし、Inca7を…
ワクワクします

悩みは聴き始めると、部屋から出たくなくなることです。ずっと聴いていたい。それほど自然で疲れない音
至福の時…



>今回は、前回の電源ケーブルに引き続き、今回はスピーカーケーブルとルームチューニングの見直しをして頂きました。
電源ケーブルのAcca5と同様、キツくなく、うるさくも無く、それでいてスーーーーッと自然なエネルギー感で再現される桁違いの音場空間!!
スピーカーでは無く、壁全体。そして部屋全体から包み込まれる様に再現されるサウンドは、とても心地良く、部屋から出たくなくなってしまうほど・・・・そのお気持ち、とてもよく分かります♪

スピーカーの手前に置いてあるラグも音の調整に使用されているのでしょうか?
今はAztecaタワーを4段×3本(正面+左右)での設置ですが、今後さらに2本追加して4段×5本にする予定との事ですので、今後のグレードアップにも期待ですね☆

RCAケーブルのInca7も導入すると、ケーブルはKRYNAでほぼ揃う様になりますね!
空間の広がり、情報量や微妙なタッチの鮮明さなども格段に良くなりますので、楽しみにしていて下さい♪
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 14:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大阪府 K.H様 
> 大阪府にお住まいのK.H様より、KRYNAのルームチューニングシリーズの設置レポートをお送り頂きました!

試行錯誤しながら設置がやっと完了したので画像と感想を
部屋は6畳でスピーカーはB&W 805daiamondでアンプはマランツのsr6008です



設置場所としてはまず前方の4角にwatayuki,dokayukiを設置しました。画像では見えませんがスピーカー後方の布の吸音材で隠れてます(笑
そしてスピーカー後方の壁中央やや上方に拡散材のAztecaを6つ設置し間にはwatayukiを入れてます
これにより全体的に定位がにあがり音のこもりも解消されました
左右の壁には1次反射のポイントにAztecaを設置
その上にwatayukiそしてその上にAztecaという設置をしました。



右側にだけ窓があるので吸音が強めのカーテンで壁全体を窓ごと2m×2mのカーテンで覆ってあります
そしてバランスをとるために反対の壁にも同じカーテンを設置しています

それから右後方の上方にやっかいなエアコンがあるのでエアコン周りに分解したwatayuki,dokayukiを設置しました画像にも乗せてあります



少々多めに設置してますが聴覚上のバランスはとれているので違和感は感じません
天井にはAztecaを前方と後方に一つずつ設置しています
天井はベストな位置がわからず少々困惑気味です(笑
今はバランスがとれているのでもう天井のAztecaにはさわりたくないです(笑

ということでこもり音も解消されたし定位もいい感じだし
すごく助かりました!
ホームページを参考にしながらの設置でしたが凄く良い結果になったので大満足です。
ありがとうございました!
ホログラフィックサウンドいいね!

>レビューの投稿、ありがとうございました!
ルームチューニング材のAztecaWatayukiをメインに、少しずつ個数を増やしていく形で導入して下さったK.H様。
スピーカーの後ろの壁、そして左右の壁の一時反射の位置と、基本を押さえてスッキリとしたセッティングになっていますね♪

AztecaTowerの場合には、AztecaWatayukiの組み合わせが標準になっていますが、壁に直接取り付ける場合でも、AztecaWatayukiAztecaの組み合わせはとても効果的ですよね!
音場空間がぐっと広がり、それでいてスーッとよく通るサウンドが実現できたのではないでしょうか?

エアコン周りの調整については、吸音材を分解してのチャレンジとなっています。
皆さんは、エアコン周りなどはどうやって調整しているのでしょうね?

セッティングについてのご質問も、ぜひまたお気軽にご相談下さい♪ お待ちしております〜!!
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 19:24
comments(4), trackbacks(0), pookmark
東京都 kobuyan様 
> 東京都のkobuyan様より、キャビネットインシュレーターHugのご感想を頂きました!

Stageを導入した時から気になっていたHugを導入しました!
とはいえ三ヶ月ぐらい悩んでやっとの購入でしたが(汗
背中を押してくれたのはインシュレーター試聴会でした
アンプの性能差は有りましたが、似たような組み合わせで聞かせてもらい、これは明らかに効果ありと判断して注文しました。

そして、自宅のシステムに取り付けですが、
アドバイス通り1mでジャストフィット余りも出ません。

音だして第一印象は物凄く静かになったとゆう感想です、
ちなみにStage入れた時もこれ以上ないくらい静かになったんですが。。
まだ静かになるんですか?

しかも音が詰まらないで抜けるんです、
なんかこれが不思議で不思議で何回も付けたり外したり繰り返してました(笑

奥行き感はかなり出ますし、音の輪郭がはっきりしてライブ感が凄いです
インシュレーター追加していくとどんどん音場が広がり
インシュレーター4個での広がり感は「もう最高!!」って言う言葉しか出てきません。



正直、試聴に行く前はインシュレーターはベルトの締め付けを軽減するものだと思っていました
だからベルト固定しなければ問題ないじゃない?と勝手に決めつけ、でも地震あったとき怖いなと思い聴きに行ったわけですが。
試聴の結果は完全に予想の斜め上行ってましたね
なんで締め付けてるのに広がりと奥行きがアップするんですか!?(笑
やっぱし実際聴いてみないと判らないもんですね〜。

>レビューの投稿、ありがとうございました!
昨年12月に実施された試聴会をきっかけに、効果を実際に確認出来たHugをご購入下さったkobuyan様。
『スピーカーをベルトで固定する=音が詰まってしまう』といった印象は、実体験などでご存知の方も多いかと思いますが、Hugの場合は音が詰まるどころかどんどん広がっていき、格段に音が良くなってしまうので、ビックリですよね!
スピーカースタンドStageHugの最強コンビ♪ 次は、スピーカーとスタンドの間のインシュレーターなども、ぜひ検討してみて下さい!
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 18:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
兵庫県 H.T様 
> 兵庫県にお住まいのH.T様より、KRYNAの電源ケーブルAcca5のご感想をお送り頂きました!

昨日正午前に電源ケーブル届きました
AVプリのAETのSCRーEVDからAccaに替え聴き始めました。

エージング無しなのに柔らかで艶やかな音に耳を疑いました。
こんな音がずっと聴きたかった…。
ケーブル1本で自分の求めていた音が聴けるなんて
本当に嬉しいです

スタインウェイの金属的な高音域も柔らかくなり、ベーゼンドルファーは生で聴く木の響きがします。
は艶やかでとげとげしさが皆無。エネルギー感はどうかな?と思いましたがこれも素晴らしい!
高域から低域まで繋がりよくスゥーッと自然に出て、音楽の陰影を鮮やかに描き出します。
私はピアノを弾くので特にピアノの音色には耳が即 反応します。

よく聴くのはクラシックとジャズ。何を聴いてもクライナはいいですね
これから少しづつケーブルをクライナに替えていきたいと思います
次はスピーカーケーブルかな…と。
Mさんの言われるとうりにして本当によかったです。ありがとうございました



>ルームチューニング材のAztecaをきっかけに、電源ケーブルにも興味を持って頂いたH.T様。
まずはプリアンプ(AVアンプ)の電源ケーブルをAcca5にしてみよう!という事で、レビューをお送り頂きました。
Acca5はとても柔らかく、細身の線なのですが、艶やかで反応が早く、エネルギー感も良く出てきますので、本当に自然体で音楽を楽しめる様になるケーブルですよね。
後日、追伸でもメッセージを頂きました!

もっと早くクライナに出会いたかったです。
でもアステカをきっかけに貴社を知り、頭の中はまさにオーディオ革命!
毎日ワクワクして幸せです
これからいろいろ教えて下さい。よろしくお願いします!

今回はプリ部の電源ケーブルのみでしたが、他のシステムの電源ケーブルや、スピーカーケーブルなどもすごく効果的ですよ!
ぜひ、他のケーブルのグレードアップも一緒に検討してみて下さい♪
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 15:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
埼玉県 悠々快適様
>埼玉県の悠々快適様より、インシュレーターの導入レポートの続編を頂きました!

マイシステム:PMA-2000SE DCD-1650SE DBP-4010UD JBLS2500
好きな音楽:クラシック(オケ、ピアノ、ヴァイオリン)JAZZ、POP

前回インシュレーター D-PROPminiとC-PROPminiをCDPとプリアンプに使用し、やや感じた高音のキツサ以外はリアルなサウンドに満足していたのですがスタンダードのD-PROPはどんな音になるのか期待を込めて購入しました。

ユニバーサルPにセットしCD(アラウのベートーヴェン7大ソナタ)をかける。
ユニバーサルPですからCDPより音質は落ちるはずなのですがCDPにD-PROPminiを使った音に比べると微細な音が出ていて音が滑らかで奥行きがありより本物のスタンウエイの音が出ています。
これ以上の音はないのではと思います。

次に録音のあまり良くないCD(ダイアナクラールのLIVE IN PARIS) をかける。
ダイアナのつばきがかかってきそうなライブ感満点のサウンドで目の前でダイアナが歌っているのではと思うほどでダイアナクラールのフアンとしてはとても嬉しいです。

次にD-PROPminiでダイアンの高音が窮屈で違和感を感じたCD(DIANE EIRCH bible belt)をかける。
タイトな感じがなくダイアンの高音が気持ち良く伸びる。
D-PROP は微細な音を再生してくれる素晴らしいインシュレーターだと思います。
慾が出てきて全てのインシュレーターを extend に変えたくなりました。
お金が出来たらバージョンアップしようと思います。



>続報レポートをお送り頂き、ありがとうございました!
前回のレビューではCDプレーヤー(DENON DCD-1650SE)とプリメインアンプ(DENON PMA-2000SE)にD-PROPminiC-PROPminiを導入頂き、今回はユニバーサルプレーヤー(DENON DBP-4010UD)にもD-PROPを導入です!

D-PROPを使う事で、クラシックでもボーカルでも、ロックも全部グレードアップ!!
繊細かつ伸びやかなサウンドで、空間の広がりを感じられる【ホログラフィックサウンド】へ一直線です♪

mini→D-PROPとグレードアップしてくると、やはりD-PROPextendが気になってきますね。
インシュレーターについては、だんだんとグレードアップしていくのも楽しみの一つと思いますので、ぜひ少しずつチャレンジしてみて下さい☆
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 19:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark