RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
神奈川県 カルロス・クライナー様 《Duet39+別ネットワークMF》
>カルロス・クライナー様より頂いた、スピーカーのモディファイ(改造)レポート!
今回は、他では出来ない、なんじゃこれ!?の『未知の世界』の詳細をご紹介。
"極秘会談"の内容が、今明らかに・・・・!?

《2014年2月上旬》

プルートンのIさんが言っていた「未知の世界」の話しを詳しく聞きたいのでお店に伺いました。
早速、2F試聴室にて極秘会談。

Iさん:前回納品時にシステムを聴いた感想として、そろそろ伸びしろが鈍くなってきましたね。
私:自分はシステム周りをコツコツと固めて行き、これから出てくる製品達に磐石な態勢で備えていたつもりですけど?
Iさん:確かに、これから出てくる製品を入れれば良くはなるが今までの様な劇的変化は味わえなくなるよ。
私:では、どうすればよいの?
Iさん:それはね!Duet39のモデファイさ!
私:で、なにするの?
Iさん:スピーカーの内部配線をグレードUPし、更にネットワークを外に出し、スピーカーからうける振動を無くすのさ!
私:えっ!?それで良くなるの?
Iさん:勿論さ!音の出口をしっかり処理する事により、今まで積み重ねた分が何倍にもなって返ってくるのさ!
私:え!?本当?でもなぁ〜
※Duet39のモデファイは私が初&私もモデファイは初なので悩む。
Iさん:社長のお墨付きですよ!!
私:聞いた途端迷いが吹き飛ぶ。
※別にIさんの言ってる事は実に分かり易い説明で説得力もありますよ。ただ・・・社長が偉大過ぎるのです。

と、そんなやり取りで即断で注文。

更に、Stageについても現在の60cmではインシュレーターの入れ過ぎで高くなってしまい、理想のリスニングポイントで聞けなくなってしまっているので10cmカットした方が良いよ!とアドバイスされましたのでついでに注文。

いやぁ〜納品が楽しみだ!

《2014年2月下旬》

雪のお陰で伸び続け、ようやくIさんが納品に!

3週間程マイシステムを聴いていないのでモデファイ効果が分かるか不安でした。

早速、Iさんがセッティング。
Stageの底板の上にネットワークの箱が見事に載っている。
しかもStageと同じ色で違和感無い仕上がりに、抜かり無し!
さらに10cmカットしたStageの高さもバッチリ!





いざ音だし!

こ、これが「未知の世界」か・・・
クライナユーザーしか味わえない・・・
まさに!クライナの真骨頂!モデファイ万歳!な世界だった!!

見た目はDuet39だが出てくる音は全く別物。
クライナお約束の広がり、高さ、抜け、奥行き、定位、情報量、いわゆるホログラフックサウンドが異次元的にUP!!!

色々なCDを聴きましたがこんなに良かったっけこのCD?
持っているCD全てがリファレンスCDにしてもおかしくない程、気持ちが良く聴ける!!

Iさんとこれは・・・凄い!スゲー!凄いな!ヤバイ!ヤベー!ヤバイな!と連呼していました。お互い分かっていると、これで通じるんです。
と、言うか他に言葉が思いつきません。
伝わり難く誠に申し訳ございません。

クライナ製品を追加する度に音が軽くなります。
それを知ってしまうと、ひたすら軽さを追い続けます。
今回のモデファイでクライナの提唱するホログラフィックサウンドの真髄の一部?を見る事ができました。

オーディオを初めて早数年、ようやく音楽が気持ちが良く聴けると言うシンプルだけど難しい目標をクライナはさらっとやってくれました。
そこに痺れる!憧れる!
ここまで来ると音楽サイコーになります。
モデファイ恐るべし!です。

世間では4月から消費税が8%になり騒がれていますが、私の満足度は120%です。
増税など満足度に比べれば、たいした事ないのです。
これからも満足度を上げて行きますので、スタッフの皆さん、宜しくお願い申し上げます。

続く。

>今回は、KRYNAの最新型スピーカーDuet39をベースにした、『内部配線グレードアップ』『別ネットワーク化』のモディファイ(改造)のレポートです!
スピーカーだけでなく、オーディオ製品は全て「工業製品」として決まった仕様で製造されているため、真の実力を発揮させるために、様々なグレードアップモディファイ(改造)を施す事が可能です。

システムの買い替えによって良くしていくのでは無く、それぞれをグレードアップしてく事でどんどん【ホログラフィックサウンド】を実現していく方法は、PLUTONならではの最高の楽しみ!と言えるのかもしれませんね。
「今まで持っていたCDが、ものすごく気持ち良く聴ける」のも大きなポイント!
興味のある方はPLUTONスタッフまでお気軽にご相談下さい!
author:AudioShop PLUTON, category:カルロス・クライナー様, 11:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
東京都 A様 《AztecaTower》
>東京都のA様より、ルームチューニング材AztecaTowerの追加レポートを頂きました!

AztecaTowerを5本から7本に増設しました。
場所はスピーカー裏になります。



その効果についてですが。
この導入により、更にずっと均整のとれた音楽を聴かせるようになりました。

音が躍動して音楽としての全体のクオリティも向上して。
ホントにコスト比で考えると効果が高いです。
「音が変わった」ではなく「均整が取れた」っていうのが第一印象って凄い事ですよ?

今までもTowerが立つたびに空間表現や音色が改善してきましたが今回の変動は今までで一番かもしれません。
5本も立てているのに未だノビシロがあるとは思っていませんでした。

スピーカーに近いからなのか。
Towerを等間隔に配置できたからなのか。
ちょっとその辺は不明ですが。

なんとなく空間に配置した方が効果高い気がしていたので、今回の結果は意外でしたね。
リスニングポイントから見てスピーカーの真裏になるので限定的な効果になると、勝手に思っていたみたいです。

ルームチューニングの重要性は周知となりつつありますが、実際に手を出すには難しいジャンルだなあと。
私も畳半畳ぐらいの巨大な吸音材を買って、痛い目を見ましたし。

でも部屋調律が与える音響効果は非常に高いです。
特に部屋が狭いほど吸音と拡散の両方が行えるメリットが出る気がしますね、お店の視聴室で聞いた印象ですが。

幸いにして、イニシャルコストを抑えて導入可能なのでクライナの製品は手を出しやすいと思います。
特に拡散系は数も少なく効果も高いのでAztecaおすすめです。

軽いからいろんな場所に試せるのも隠れたメリットですよ。
うちは天井にも張り付いてます。
色々と試して経験値を積むのもアリ。
とはいえ理解度が深まったらAztecaTowerを使うべきですが。

クライナの製品は他にも良いものが沢山ありますが。
やっぱり自分で良いって思った物を導入していくのがオーディオ趣味だと思うので。
これをみてチャレンジしてみようと思って頂けたら幸いです。

>レビューをお送り頂きまして、ありがとうございます!
AztecaTowerは、3本→5本→7本と数を増やしていくにつれてお部屋の音響特性がどんどん良くなり、音楽全体の空間表現がより広大に、生々しく再現されていく・・・・そんな魅力を体感出来るルームチューニング材ですね!

まずは、空間全体のチューニングという事で部屋の中央+左右に設置するのがベースとなりますが、実は『スピーカーのすぐ後ろ』に設置するのも効果的!
気軽に導入でき、色々な所に設置出来るAzteca/Watayukiシリーズですが、お部屋の状況に合わせた設置位置や個数などについては、『お問い合わせフォーム』からもご相談頂けますので、お気軽にどうぞ☆
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 12:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
埼玉県 S様 《D-PROPextend》/《C-PROPextend》
>埼玉県のS様より、インシュレーターの設置位置に関するレビューを頂きましたので、ご紹介します!marantzのSA-14S1に最適なインシュレーターとは・・・!?

先日は「D-PROP・C-PROP」の設置位置をアドバイスして頂き、ありがとうございました。

CDプレーヤーが納品されましたので早速設置しました。
が、どれほどの違いがあるのか試してみたくなり、真逆の位置でも確認してみました。

A:アドバイス通り

B:真逆


いやー、どうして?? ご専門の方から見れば当たり前のことなのでしょうが、素人の私には???

その差は歴然、Aは幅、奥行、高さとも格段に広がります。
コントラバス、チェロなどの低音域弦楽器の音色も明瞭で位置も明確に再現されています。
Bの方が低域が良く出ているように感じますが、どうやら少々ブーミーで低域過多になるようです。

相談して正解だった、あらためてそう感じています。また相談事ができましたら、その節はどうぞよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

>marantzのSACDプレーヤーSA-14S1へ導入するインシュレーターの設置位置という事で、当店推奨の組み合わせ(A:アドバイス通り)と、全く異なる組み合わせ(B:真逆)の場合でどの程度の差が出るのか??
実際に聴いてみれば、その違いをはっきりと実感できますので、皆様もぜひお試し下さい♪

ちなみに、SA-14S1と言えば、「インシュレーターの推奨使用例」にも掲載されているプレーヤーですが、今回は、より詳細な設置位置をご紹介させて頂きました。
その他の製品についてなど、KRYNAのインシュレーターについてのご質問は、ぜひお気軽に当店スタッフまでご相談下さい☆



まず第一優先となるのが、左側(,琉銘屐砲D-PROPです。
こちらが、トランスのすぐ下になる様に、位置を調整します。

続いて、右手前側(△琉銘屐砲D-PROPを設置します。
こちらは、できるだけ手前になる様に、付属の足をよけて設置します。
( Ν△離ぅ鵐轡絅譟璽拭爾如▲疋薀ぅ屮瓮 の振動を処理します)

最後の設置となる後ろ側のC-PROPにつきましては、左右の中心よりやや右寄りで、3点支持のバランスが取れる様に左右の位置を調整してみて下さい。
左奥の角・右奥の角を押した時に、それぞれしっかりと、均一に重量感がある設置にして頂ければ3点支持のバランスが取れている状態になります。
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 15:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ばやし様 《HD700専用ハイグレードケーブル》
>SENNHEISERのヘッドフォンHD700専用のハイグレードケーブルをご購入頂いたばやし様より、レビューをお送り頂きました!

現在使用している環境ですがCDプレーヤーがエソテリックX-10WD、ヘッドホンアンプはレーマンオーディオのBlackCubeLinearでゾノトーンのケーブルでRCA接続しています。



使用当初はボーカル帯域の音抜けが良くなったくらいの印象だったのですが、50時間以上エージングをすると、スケール感が増し解像度、分解能ともに付属ケーブルを上回るようになってきました。

もともとHD700は明るくて音抜けがよく音像が近いのでポップスとかのリズム系には相性がピッタリだった反面、クラシックの大編成ものは広がりに欠けていたのですが、エージング後のケーブルは音場が立体的に広がり、どの音楽ジャンルも楽しめるようになりました。

ちなみに付属の変換プラグをフルテックのロジウムメッキタイプに交換したら更に音が良くなったので付け加えておきます。

HD700のポテンシャルを引き出すアイテムとして皆さんには是非このケーブルを試してもらいたいです。

>こちらのHD700専用ハイグレードケーブルは、KRYNAのRCAケーブルInca1のケーブルを使用したPLUTONの限定モデル!
ヘッドフォンの場合も、スピーカーで聴く時と同じ様に、【ホログラフィックサウンド】が実現できるケーブルインシュレーター等を使うことで、音場の広がりや抜けのよさ、情報量が格段に良くなるのです。

最近、お問い合わせが急増中のHD700専用ハイグレードケーブルですが、もちろんHD700以外のヘッドフォンについても、ハイグレードケーブルの作成を承りますので、ぜひお気軽に当店スタッフまでご相談下さい☆
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 15:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 トミちゃん様 《KNT-1000》
> 「出窓オーディオ」の神奈川県トミちゃん様より、KRYNAのクリーン電源KNT-1000の導入レポートを頂きました!

《クリーン電源装置KNT-1000》

入れて良かった。
音の静寂感、音の広がり、高さ



ホログラフィックサウンドが研ぎすまされました。
深夜でしか聴くことの出来なかった静寂感がいつの時間でも得られる様になりました。(車の走行音などは仕方ないが)

音楽がうるさくないんですね!

何時もの事ですが出窓への設置に悩みましたが、、、、
ここまで積み上げればもうちょっといけるだろうと、、、、、



やれば何とかなるもんです。
でも地震対策はやり直しだな^_^;

>今回は、KRYNAのクリーン電源「KNT-1000」を導入されたトミちゃん様。
写真ではちょっと分かりにくいですが、右列一番下のラックに横向きに収納されているのが、今回のKNT-1000になります。

普通に暮らしている分にはあまり気になる事も無いかもしれませんが、家庭用のコンセントから取る電源は、思っている以上にノイズを含んでいるものです。
周りでたくさんの電気を使っている日中よりも、あまり電気を使っていない深夜の方が音が良いのも、そんな電源事情に関係しています。

一軒家の方ももちろんそうですが、特にマンションなどの集合住宅にお住まいの方は、特に電源の影響を受けやすいため、電源部分の見直しをする事で驚く程の効果を実感頂けますよ!
クリーン電源「KNT-1000」の詳細が知りたい方は、ぜひお気軽に当店スタッフまでご相談下さい☆
author:AudioShop PLUTON, category:トミちゃん様, 14:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 カルロス・クライナー様 《電源トランス+Stage+Hug》
>カルロス・クライナー様より電源トランス「KNT-1000」のグレードアップについての続報です!
振動源となる大きなトランスを内蔵するクリーン電源における振動対策の効果とは!?
スピーカースタンド
StageとキャビネットインシュレーターHugが見せる新しい世界をご紹介!

《2014年1月下旬》

一週間後、プルートンスタッフのIさんが納品に来ました。
早速、設置。
OR-TB⇒E-PROP⇒Palette(銅版仕様)⇒Stage⇒D-PROPextend⇒トランス
ホログラフィック感が又アップ!

更に良くなりStage入れて良かった!と満足しました。
単品だとトランスにStageが一番コスパが良いのでは?と感じました。

そして、お次は〜果たしてなんじゃこれ!?の世界は存在するのか?
OR-TB⇒E-PROP⇒Palette(銅版仕様)⇒Stage⇒E-PROP⇒D-PROPextend
⇒トランス⇒Hug
えっ!?トランスの高さが・・・なんじゃこれ!?になってしまいました。(汗)



音だしすると、スピーカーでHugを4個にした時と同様、芯が出て、抜け、広がり
軽い音なのに解像度があり、厚みがあり、Hug効果でホログラフィク感がグ〜ン
とUP!!!
遂に!なんじゃこれ!?の世界に辿り着く事ができました!!

この世界に来てしまったからにはもう以前の世界には戻れません・・・
しばらく、なんじゃこれ!?の世界で静かに暮らそうと思いましたが、どうやらIさんは
私を休ませてはくれない様です。
まだ私の知らない未知の世界が存在すると言うのだ。
その世界とは一体!?

続く。

※なんじゃこれ!?の世界の詳しい事はプルートンのIさんに相談して下さい。

>大きな振動源を持つ電源トランスの振動対策については、同じく大きな振動源となっているスピーカーと同様のアプローチが可能です。
つまり、『振動源⇒インシュレーター⇒スタンド⇒ボード』の組み合わせで振動対策を実施してくのが効果的!
全ての機材(CDプレーヤーやアンプなど)に電力を供給している電源トランスの振動が適切に処理されると、特に1つ1つの音の実在感やエネルギー感、そして抜けの良さや音場空間の広がりなどが格段に良くなります。
まずはスピーカースタンドインシュレーターオーディオボードなど、どれか一つだけでも導入すれば、はっきりと音の変化がわかる程の効果を発揮しますので、ぜひ皆様もお試し下さい!!
author:AudioShop PLUTON, category:カルロス・クライナー様, 17:23
comments(1), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 A・S様 《D-PROPextend》
> marantzのプリメインアンプPM-11S3に『D-PROPextend』をご購入頂いたA・S様より、使用してみてのご感想をお送り頂きました!

エクステンドを買いました。
高音のキツさがとれ,のびのびと鳴っています。
高音の細かい表現力にはびっくりでした。
SNが…とか多くの人のコメントがよくわかりました。

アンプが重くてエクステンドを置きづらいので苦労してました。
よく見たら穴にはみ出して設置していたので,黒い部分だけになるようにしたらさらにハッキリ聞こえてきています。
これから色んな発見に驚くんでしょうね。

ちなみに、805Dの専用スタンド,アステカゴールド8枚,白4枚も使っています。

>ご感想をお送り頂き、ありがとうございます!
今回は、PM-11S3用にインシュレーターを検討されているとの事で、推奨の組み合わせ&セッティング位置をお問い合わせ頂いてから、ご購入頂きました。

ちなみに、marantz PM-11S3用のインシュレーター設置位置は、下記の通りです。

<設置のポイント>

 Ш玄蠢阿琉銘屬、3店の中で最も大切な位置です。
標準の足を避けた後ろ側、やや内側(右側)付近に設置するようにします。

◆П手前の位置は、標準の足の内側(左側)で、底面(黒い部分)の手前側に設置するようにします。

:後ろ側の1点は、 底面(黒い部分)の後ろ側に設置するようにします。
この時、左後ろの角と右後ろの角を上から押してみて、左右の重量バランスが均一になる位置となるようにD-PROPextendの設置位置を左右に調整して下さい。

KRYNAのインシュレーターシリーズは、機器からの振動を適切に受け取る事で効果を発揮する製品のため、インシュレーターの天面が機器の底面にしっかりと乗るようにする事が大切です。
放熱用のスリットのある部分や、段差の部分などに設置した場合は、効果が出にくくなってしまう事もありますので、皆様もご注意下さい!!
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 17:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 ちょっと小熊さん様 《Acca5》
> ちょっと小熊さん様より、KRYNAの電源ケーブル『Acca5のレビューを頂きました!

以前出ていたOUTLET下取り品3mを買ったのは私です。
当初の予定ではこれを切断加工してもらい、パワーアンプ分6本Acca5で完了の予定でしたが。

ちょっとその前にブレーカーから電源トランスへ接続している大元のAC2-兇Acca5に取替えるとどうなるのか試してみました。

ブレーカー(200V)→Ac2-(3m)→電源トランス(200V駆動)

ブレーカー(200V)→Acca5(3m)→電源トランス(200V駆動)

☆大元が一番効果が高いはず!の予想は軽々と超えた☆

AC2-況訐でも禁じ手ではあるのですが、やっぱり大元からのAcca5電流供給による電源トランスの威力は倍増!
DAコンバーター、CDプレイヤー、バッファアンプのLevelup相乗効果でダイナミックレンジ、空間情報や音数がいっぱい何なのこの世界?

ナチュラルに伸びる空間、被写体と被写体の間にまだまだ細かい音素がたっぷりと出現しましたよ。差がこれほど大きいとは大元はやっぱ全部に関与してるからなぁ最早Acca5には太刀打ち出来ませんなぁ。
「カール君」いつ出るの?早く出して。
ここで久々に映画ソフトをチェック





何だこれは!の☆ホログラフィック・サラウンド☆
BD「プロメテウス」に!(◎_◎;)!唖然!

現在AV5.1は冬眠中ですが試しに「プロメテウス」2ch再生してみました。

krynaを駆使したシステムにはAV5.1マルチシステムでは出せない世界があります。
台詞の実在感、背景音の微少信号のざわめき、音の回り込み、センターchを端折っているにもかかわらずこのフロント音場の懐の深さ。
もう☆ホログラフィック・サラウンド☆と呼んでもいいでしょう。

そうは言っても同条件で揃えたLCR3h再生にはかないませんが、2.5chってとこでしょうか。
こりゃあサブウーファーを導入した2.1システムは凄い筈だよ(現在サブウーファーもお休み中、サブウーファー用stage買わなくっちゃ)

そもそも家庭でセンターchを配置するLCRの3ch規格ってのは癌!これ欠陥規格です。
Cchをミックスダウンした場合に台詞の定位が曖昧になるのは規格に問題があるのではないのでしょうか?

映画ソフト制作会社は、DTS・DOLBYや闇雲にチャンネル数増やしたハイレゾ規格マルチ音源をソフトに入れるのは辞めて、新たに4.1、4.0、2.1のリマスター音源起こし直しソフトに入れて下さい。
2chステレオでボーカルが正中で定位しないシステムなどありません。
(あったらそれはお粗末なシステムです)

闇雲にチャンネル数増やすとそれに付随する必要経費も鼠算、センターsp設置するだけで2chの音悪くなりますから、5.1に現を抜かすよりその経費を2chに注ぎ込んだほうが絶対にお徳です。 
結局行き着く先はスクリーンの設置方法、2chとの兼ね合いが悩みの種ですね。

AとVの両立を計ろうと右往左往しているですが、毎回頓挫しVには手が回らない現状、いつ迄経ってもAV後回し。(現在隣部屋で待機中の寂しげなAV機器達)最終的には2.1でしょうなぁ。
それより別口トランス用6mが優先、ケチってもしょうがないよね、一気に頼んで終わりにすっかなぁ?

ん!寒気が……何かきこえる……得体の知れない声……エイリアンの?
「………カ…イナ…カ…エ…カエ…カエカエ買え…さっさと買え!お前買えよ!」
西の方からハッキリ聞こえる怨念の様な声。((((;゚Д゚)))))))

この恐ろしき声の主は?あっあいつだ!避難逃げようっと。
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘」



今月の1本



今月の一本
「プロメテウス」

リドリー・スコット監督による2012年のアメリカのSF映画。
当初、同監督の『エイリアン』(1979年)の前日譚として企画されたが、後に独立した物語に発展

フランス(2012年5月30日)
イギリス(6月1日)
アメリカ(6月8日)
日本(8月24日)公開

名作「エイリアン」曲佞蠅泙任呂茲ったのですが、靴鰐い世靴盖嗚椶北詰のある犬忙蠅辰討呂發Δ┐┐茲辰憧兇犬任靴拭
挙句の果てには映画会社利益追求の抱き合わせ商法「プレデター対エイリアン」ってのも出来たりして、完全なるお祭りバトル両作品共倒れの感がありましたね。

さてこの本家スコット監督による新作「プロメテウス」は「エイリアン」のプロローグ、過去への回答って事で期待が大きかったんですが、何か変だよ「プロメテウス」。
当然「エイリアン」前提で観ちゃいますからね。

変1.BGMの曲調イメージが前シリーズとは違い過ぎる。
変2.前シリーズのおどろおどろしいデザインやホラーっぽさを感じないのは何故?
変3.第一作より過去であるにも関わらず、やたらと近代テクノロジーになっているのは奇異、何でタッチパネルがあるんだよ?
変4.リプリーの様な闘う女性ってよりも、あの女性科学者ときたら……
何だあの傷口のホッチキスパチンパチン!あれであんなに走れるのかなぁ?
変5.本作に登場するロボット「デイヴィッド」と第一作のロボット「アッシュ」を比較すると「アッシュ」ってあまりにショボすぎ。
変6.他にもマヌケすぎる科学者が。
変7.テーマの「人類の起源」って?「エイリアン」とはどっか噛み合わない様にも感じるんだけど?

劇場鑑賞では変な違和感ばかりが目に付いてしまい、お話しには没頭出来ませんでしたが、そんな事でこの作品を評価するにはあまりに短絡的。
前作が評価の高い作品であればある程そのイメージや辻褄があわない場合酷評につながってしまいます。
この作品を期待外れと捉えるのは勿体無いですし、旧作に囚われるのはNGって事で
ここは別作品と捉え直し再度BDで鑑賞する事にしました。

気分新たに視聴する「BDプロメテウス」は凄い作り込み作品だった。

あえて映像については書きませんが、
オープニングの世界は「2001年」へのオマージュ?摩訶不思議なる人物は何者だろう?
導入部背景に展開する音声が、深みのあるプロメテウス・ワールドへ導いてくれます。
プロメテウス船内の背景音やエイリアン宇宙船内部シーンに仕込まれた音声も、より一層異界のおどろおどろしさを醸し出し、画に観入ってしまう演出が良いね。
最後の怪物エイリアン誕生シーンでも凄みを演出しています。

音声の仕込み方の出来如何によって作品の善し悪しが左右されるのですから、
ここがサウンドエンジニアの腕の見せ所です。

☆☆☆それを再現するのがkrynaの腕の見せ所ですよスタッフの皆さん☆☆☆

エンドロールのショパン?は小憎い演出、スコット監督 恭擇靴澆砲靴討泙辰察

最近のCGを使った映像も随分とこなれて来ました。
スターウォーズep1から10数年あまりで、やっとフィルムに拘らずともよい時代に入って来ましたね。

>現在、6台構成のパワーアンプ(M502:トライアンプ仕様)の『Acca5』化に向けて、6本の電源ケーブルを同時にグレードアップできるタイミングを楽しみにしているちょっと小熊さん様ですが、今回はちょっと視点を変え、"ブレーカー→電源トランス間"の電源ケーブルのグレードアップを実施して頂きました!
「せっかく長いケーブルがあるうちに、一度効果を確認しておきたいんですよ」と試してみるだけだったはずなのですが、気がつけばそのまま導入が決定!それほど明確に効果が出てしまう、まさに『禁じ手』と言える使い方なのかもしれません。
この先、本丸となっているパワーアンプのAcca5化を実施する時がどんどん楽しみになっていきますね!続報もお待ちしております♪
author:AudioShop PLUTON, category:ちょっと小熊さん様, 13:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 k.a様 《Duet39》
> 神奈川県のk.a様からお使いのスピーカー「Duet39」のレビューを頂きました!

今回、リビングシアターのスピーカーをクライナのものに買い換えました。

levy9へアンプを変更したことを前回にレビューしましたが、アンプが高域から低域までバランスよく鳴らせるようになったことや高さや広がりがより増し、音にも軽さが表現されるようになりました。

そのため、さらに良い音響を目指し、スピーカーも変更することを検討し始めました。

買い換えるのは、もちろんクライナのものへです。
3種ほどのスピーカーを比較し、最終的にブックシェルフ型のDUET39に決めました。

決めては、音の軽さが最も表現できていたことです。
しかし、今まで使っていたものがトールボーイ型のため、DUET39では低域などの迫力などがなくなるのでは?と不安がありました。

数週間後、DUET39とステージが出来上がりました。
実際にリビングに入れると、ショールームで感じたよりもサイズが小さく、迫力感の不足などの不安がより高まりました。



しかし、実際に鳴らしてみると、スピーカーの大きさからは考えられない低域が出て、音の芯も太く迫力ある音が得られました。
きっとLevy9とDUET39の相互作用ですね。

そして、軽さもより再現され、高さや広がりが得られ、2本のスピーカーからは考えられない音場が実現できました。
そして、Duet39下にT-PROPをダイヤモンド型につけ、ステージ60cmを使い、ボードにはオルケスタを使用しています。

今後もより音・画の向上を目指していきたいです。

>Duet39は、KARYNAが作るブックシェルフ型の新型スピーカー!サイズは[幅20cm×奥行き28cm×高さ40cm]のため、トールボーイのスピーカーと比べると小さい印象を感じるスピーカーですが、実際に音を聴いてみると、サイズの小ささを感じさせないサウンドに、皆様とても驚かれるおすすめのスピーカーです。
特に、スピーカースタンドStageとの組み合わせ、そしてLevy9などKRYNAの真空管アンプとの組み合わせは、低域のエネルギー感、音場の広がり共に素晴らしく、「まるで大型のスピーカーを鳴らしている様だ!」と言われる程の非常にレベルの高いスピーカーとなっています。
Duet39については、PLUTONショールームにていち早く試聴が出来ますので、興味のある方はぜひお越し下さい☆
 
author:AudioShop PLUTON, category:k.a様, 15:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 T.S様 《Azteca》
> ルームチューニング材の「Azteca」をご購入頂いたT.S様より、実際のセッティングとその効果のレポートをお送り頂きました!

いつもお世話になっております。
先日はメールありがとうございました。



昨日、「アステカ」(2個)購入させていただきました。
スタッフMさんのアドバイスに基づいて、リスニング後方(高さ1.4m)に設置しました。
効果覿面です!音圧レベルが上がり、音場が広がり、定位がはっきりしました。特にTV・ラジオ音声のナレーションがはっきりして聴き取りやすくなりました。





しばらくこのセッティング(チューニング)で使用していきたいと思います。
その他の御社製品については、また相談して上で検討していきたいと思います。
その時はよろしくお願いします。
ありがとうございました。

>ルームチューニングのレビューをお送り頂き、ありがとうございました!
T.S様の場合は、スピーカーが部屋の右側に片寄ったセッティングがベースとなり、さらに右側にはカーテンのある窓、手前側(リスニング側)にはベッドと、前後・左右の響きのバランスが崩れた状態からのご相談を頂きました。

もともと、現在Aztecaを取り付けてある場所には吸音材のWatayukiを設置頂いていましたが、音を吸ってしまっているベッドの付近のため拡散材のAztecaに変更し、Watayukiはスピーカー側の上の方に移動する事で、部屋の前後で響きのバランスを調整して頂きました。

こんなに小さいのに・・・・と言われる事も多いAztecaWatayukiですが、適切にセッティングをすることによって2〜3個からはっきりと効果が出てくるため、非常に調整のしがいがある製品ですね♪
続いて、スピーカー側にもAztecaを導入頂きましたので、そちらのレポートも後日ご紹介させて頂きます!
author:AudioShop PLUTON, category:オーディオ, 17:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark