RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
神奈川県 カルロス・クライナー様 《電源トランス+Stage+Hug》
>カルロス・クライナー様より電源トランス「KNT-1000」のグレードアップについての続報です!
振動源となる大きなトランスを内蔵するクリーン電源における振動対策の効果とは!?
スピーカースタンド
StageとキャビネットインシュレーターHugが見せる新しい世界をご紹介!

《2014年1月下旬》

一週間後、プルートンスタッフのIさんが納品に来ました。
早速、設置。
OR-TB⇒E-PROP⇒Palette(銅版仕様)⇒Stage⇒D-PROPextend⇒トランス
ホログラフィック感が又アップ!

更に良くなりStage入れて良かった!と満足しました。
単品だとトランスにStageが一番コスパが良いのでは?と感じました。

そして、お次は〜果たしてなんじゃこれ!?の世界は存在するのか?
OR-TB⇒E-PROP⇒Palette(銅版仕様)⇒Stage⇒E-PROP⇒D-PROPextend
⇒トランス⇒Hug
えっ!?トランスの高さが・・・なんじゃこれ!?になってしまいました。(汗)



音だしすると、スピーカーでHugを4個にした時と同様、芯が出て、抜け、広がり
軽い音なのに解像度があり、厚みがあり、Hug効果でホログラフィク感がグ〜ン
とUP!!!
遂に!なんじゃこれ!?の世界に辿り着く事ができました!!

この世界に来てしまったからにはもう以前の世界には戻れません・・・
しばらく、なんじゃこれ!?の世界で静かに暮らそうと思いましたが、どうやらIさんは
私を休ませてはくれない様です。
まだ私の知らない未知の世界が存在すると言うのだ。
その世界とは一体!?

続く。

※なんじゃこれ!?の世界の詳しい事はプルートンのIさんに相談して下さい。

>大きな振動源を持つ電源トランスの振動対策については、同じく大きな振動源となっているスピーカーと同様のアプローチが可能です。
つまり、『振動源⇒インシュレーター⇒スタンド⇒ボード』の組み合わせで振動対策を実施してくのが効果的!
全ての機材(CDプレーヤーやアンプなど)に電力を供給している電源トランスの振動が適切に処理されると、特に1つ1つの音の実在感やエネルギー感、そして抜けの良さや音場空間の広がりなどが格段に良くなります。
まずはスピーカースタンドインシュレーターオーディオボードなど、どれか一つだけでも導入すれば、はっきりと音の変化がわかる程の効果を発揮しますので、ぜひ皆様もお試し下さい!!
author:AudioShop PLUTON, category:カルロス・クライナー様, 17:23
comments(1), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:23
-, -, pookmark
Comment
後日談

Mさんの仰られる通り「どれか一つだけでも導入すれば、はっきりと音の変化がわかる程の効果を発揮します」
正にその一つが積み重なり、この有様に!
現在はPaletteにT-PROPを取付け、トランス下E-PROP⇒D-PROPextendを「ダイアモンドフォーメーション」から前1後2の3点支持にしております。

ここまでやっても確かな満足を得られてしまうクライナ製品には毎回驚かされます!!
カルロス・クライナー, 2014/12/01 9:46 PM









Trackback
url: http://pluton-user.jugem.jp/trackback/254