RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
神奈川県 ちょっと小熊さん様 《我が家の電源事情》
> ちょっと小熊さん様から頂いた小熊レポート!
今回はちょっと踏み込んで、お部屋の電源事情についてのレポートをお送り頂きました。

電源トランスを紹介したついでに我が家の電源事情について触れておきたいと思います。

我が家は古い集合マンション。
5年程前マンションの長期修繕計画の大規模電気工事にて建物の内部配線やブレーカーを現行規格品に交換、線材も太くなりアース対策も完備、何より新たに200Vが取れる様になりました。

そこで分電盤横にオーディオ専用200Vコンセントの設置を依頼し、電源トランスへダイレクトに実相200V電流を供給しています。
☆ノンステップUPストレスフリー電源革命です☆



krypton時代からのお客様は200V電源を結構導入されていると思いますが、現南町田krynaからの新しいお客様はまだ少ないのではないでしょうか。

今更解説するまでもありませんが、エネルギー感、音場エリア、抜け、余韻感、伸び、等100Vの比ではありません。
車で例えるならばターボエンジン、安定感抜群!
我が家の機器は全てを200V仕様です。

何しろノンステップUPで実相200Vダイレクトトランス駆動が出来る様になった訳ですから、
さてその音は?………「秘密、後は想像にお任せしますヘッヘッヘ!」
それまでの100V20Aの環境ってショボクレ電源であったって訳やねぇ
どうです?皆さんやりたくなったでしょ、電源は基本です。

試しにオーディオ専用ブレーカー以外を全てOFFにすると更に良くなります。
壁の中の配線材に電流が流れず、全てがオーディオ専用になるわけですから。

とはいえ、部屋が停電状態になるため常用は出来ませんが、一度確認お試しのお話しです。



《クライオ処理》

十数年程前から世の中で話題になっているクライオ、
極低温処理にて分子結合配置を整えるという優れ物技術、図解で解説された記事を見る限りにおいては「絶対良いはずだ!」と勝手に思い込み、コンセントプラグ、壁コンセント、フューズ等いろいろ取り寄せてみました。

然し乍ら総じて広がりません、メーカーによる処理の仕方も多種多様です。
探せば優れ物に巡り会えるかもしれませんが。

H社のコンセントプラグも幾つか試してみました。
エネルギー感には光るものがありましたがやっぱり広がりません。

あれこれ試した挙句の果ては、kryna純正ナショナル医療用タイプがナチュラルでベスト、他はみんな押入れの行きの末路、何もしなけりゃ良かったね。

先日のお店での電源コード試聴会でも結果は同様でしたね。



《最近買ったJAZZ女性ボーカルCD》

演奏もシンプル、色っぽい素敵なボーカルでスタンダードナンバーを歌い上げた
本人直筆のハートマークサイン入りのお気に入りソフトです。♡^o^♡

然し乍ら、やや上が伸びないし抜けない、ちょっとエネルギーバランスが低域寄りで残念。

解説読むと、
「スタジオ専用に電線を引き込み、○○式電源を改造、拘りの電源コード使用した○○スタジオで収録」 「オーディオ評論家絶賛!○○賞受賞」と書いてありました。
なるほどね。

>以前のレビュー(こちらこちら)でもご紹介させて頂いたKRYNAの電源トランスKNT-1000!
この電源トランスの場合は、電源に含まれるノイズを減らす"クリーン電源"としての効果の他に、日本国内で一般的な100Vから、海外仕様の200Vや240Vへ昇圧をする"ステップアップ"としての働きもしてくれる優れものです♪
しかも、分電盤から直結&単独配線の200Vを入力として使用するとなると、オーディオ周りの電源事情はさらにグレードアップ☆

電源は、オーディオシステムを動かすための原動力!
電源周りをパワーアップするのはとても効果的ですが、一方で対策の方法によっては悪影響になってしまう事も・・・・・・
気になる方は、ぜひお使いの電源ケーブルを持ってショールーム(東京都町田市)までお越し下さい!
author:AudioShop PLUTON, category:ちょっと小熊さん様, 16:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:52
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://pluton-user.jugem.jp/trackback/242