RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
神奈川県 じぇじぇじぇの倍返し様 《2013年11月末》
> 今回は、KRYNAの新型オーディオボード「Palette」に関するレポートです。
PLUTONならではの超先取り情報!銅板仕様の上位モデル「Palette-Cu」の実力とは!?
そして、スタッフIさん大失態の理由が、今明らかに・・・・・

《2013年11月末》

プルートンへ行く。
スタッフIさんに「新ボードの銅板仕様が試聴できるよ!」と言われ、早速ノーマルのボードと銅板仕様をプレイヤーで聴き比べる。

一瞬で結果は決まる。
銅板仕様・・・これにはスタッフIさんも唖然、Iさん?この前ノーマルのボードでもそんな変わらないって言ってたじゃないですか?
1枚でこの違いなら、4枚とも銅板仕様にしたら相当違いますよ?
既にノーマルボード4枚買っちゃいましたよ?どうすんのこれ?

少々お待ちを・・・Iさん立ち去る。
Iさんが戻って来る。
Iさんとゴニョゴニョ話す。
そして解決。
さすがクライナ!アフターサービスが素晴らしい! (※詳しくは、文末のコメントにて・・・)
※Iさんも自分でじっくり試聴してからお客さんに勧めて下さいね。

お蔭様で私も更に違いが分かる男になりましたよ。

さらに真空管も年内に目処が付くと言う事なので早速購入。
納品が楽しみだ!

※私は真空管の知識は全く無い。
よく自作する方がロシア産が良いだとか?ビンテージで1本数万の物が良いとか?
良いとしか言わないのでどう良くてどう変わるかが分からない。
バランスが崩れるのが嫌で交換する勇気が無い。
しかし、クライナがオリジナルブランドで出すと言うなら話は別だ。
なぜならクライナ製品と言う安心感があるからです。
他のクライナ製品同様、プラスにしかならないので迷わず済みました。

k.aさんとも合流し、トランスにマウス&キャット連結 VS D-PROP VS D-PROPextendを3点と4点(ダイヤモンドフォーメーション)で試聴。
3点では4点に敵わない。
4点ではマウス&キャット連結 < D-PROP < D-PROPextendと値段の順番で効果が良くなる。
またまた違いの分かる男になり大満足。



・・・・《2013年12月》へ続く

>今回の比較試聴は、新型オーディオボードの「Palette」と、現在PLUTON限定モデルとして好評販売中の「Palette-Cu」の比較試聴!
開発段階の時点では、「Palette-Cuについては、Paletteボードに銅板がついたモデルですから、すでにOrquesta(銅板仕様のボード)をお使いならば、ノーマルのPaletteでも十分ですよ」とご案内していたのですが、銅板仕様の試作品を試聴してビックリ!!!
あまりにも効果に差があったため、じぇじぇじぇの倍返し様には、全て銅板ありの「Palette-Cu」にてご購入頂きました

電源トランスの下のインシュレーターについては、トランスが振動体ということもあり、やはりD-PROPextendが効果的ですね。
となると、最強のE-PROPという案も・・・・?まだまだ欲は深まるばかりです(笑)
author:AudioShop PLUTON, category:じぇじぇじぇの倍返し様, 19:22
comments(1), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:22
-, -, pookmark
Comment
後日談

「Palette」の件につきましては私自身も安易に判断してしまったと反省しております。
やはり自分で聴いて納得しないと駄目ですね。

クライナ製品は各モデルの差が明確に分りますので「上位モデルにしたけど良くなったのか?微妙だな?」という事は有りません。
逆に「なんだこりゃスゲー」ってなります。
なので「Palette-Cu」の効果は音が出た瞬間に分ってしまうんです。
これを聴いてしまったら我慢できずについ言っちゃいますよ。
まぁ「Palette-Cu」効果で「ホログラフィックサウンド」が飛躍的に増しましたから大満足ですけどね。

じぇじぇじぇの倍返し, 2014/06/28 10:02 AM









Trackback
url: http://pluton-user.jugem.jp/trackback/239