RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
神奈川県 k.a様 《Duet39》
> 神奈川県のk.a様からお使いのスピーカー「Duet39」のレビューを頂きました!

今回、リビングシアターのスピーカーをクライナのものに買い換えました。

levy9へアンプを変更したことを前回にレビューしましたが、アンプが高域から低域までバランスよく鳴らせるようになったことや高さや広がりがより増し、音にも軽さが表現されるようになりました。

そのため、さらに良い音響を目指し、スピーカーも変更することを検討し始めました。

買い換えるのは、もちろんクライナのものへです。
3種ほどのスピーカーを比較し、最終的にブックシェルフ型のDUET39に決めました。

決めては、音の軽さが最も表現できていたことです。
しかし、今まで使っていたものがトールボーイ型のため、DUET39では低域などの迫力などがなくなるのでは?と不安がありました。

数週間後、DUET39とステージが出来上がりました。
実際にリビングに入れると、ショールームで感じたよりもサイズが小さく、迫力感の不足などの不安がより高まりました。



しかし、実際に鳴らしてみると、スピーカーの大きさからは考えられない低域が出て、音の芯も太く迫力ある音が得られました。
きっとLevy9とDUET39の相互作用ですね。

そして、軽さもより再現され、高さや広がりが得られ、2本のスピーカーからは考えられない音場が実現できました。
そして、Duet39下にT-PROPをダイヤモンド型につけ、ステージ60cmを使い、ボードにはオルケスタを使用しています。

今後もより音・画の向上を目指していきたいです。

>Duet39は、KARYNAが作るブックシェルフ型の新型スピーカー!サイズは[幅20cm×奥行き28cm×高さ40cm]のため、トールボーイのスピーカーと比べると小さい印象を感じるスピーカーですが、実際に音を聴いてみると、サイズの小ささを感じさせないサウンドに、皆様とても驚かれるおすすめのスピーカーです。
特に、スピーカースタンドStageとの組み合わせ、そしてLevy9などKRYNAの真空管アンプとの組み合わせは、低域のエネルギー感、音場の広がり共に素晴らしく、「まるで大型のスピーカーを鳴らしている様だ!」と言われる程の非常にレベルの高いスピーカーとなっています。
Duet39については、PLUTONショールームにていち早く試聴が出来ますので、興味のある方はぜひお越し下さい☆
 
author:AudioShop PLUTON, category:k.a様, 15:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 k.a様 《Acca5&Cat&Mouse》
> 神奈川県のk.a様から頂いた、リビングシアターシステムのグレードアップレポート!今回は、映像機器(プロジェクター)のレベルアップについてです

まだ続きます。
続かせてくださいm(_ _)m笑

前々回で音の方はかなり良いレベルに変わりました。
今回は映像についてです。

音がよくなると画の方もよくしたい!
となるわけです(・_・;

そのため、今回
約8年程前のプロジェクターを買い換えることとしました。

クライナではプロジェクターの取り扱いがないため>_<
他のオーディオショップにて購入することに。
しかし、映像に関しては全くの無知な私。
よい画とは??と思い、社長、店長によい画というものを教えていただきました。

それを基にEPSON、JVCと観てみてJVCに決めました。
SONYも観たかったのですが、展示なしのため断念。
その日のうちに家へ持ち帰り、セッティング!

まずは、棚に直置き。
4kプロジェクターともあり、かなり映像が綺麗です。
が、まだノイズがのってる気がします。

そこで、まず電源ケーブルにACCA5を。
ノイズがスーと消えていきました。
そして、JVCの良さである黒色がよりしっかり出るように!

次に、プロジェクター下にインシュレーターを入れてみました。
Catを3点支持(前を1点、後ろを2点)
ノイズがなお減り、1色1色がより明確に!
やっぱりプロジェクターにもインシュレーターは必要なのですね!

今度はCatにMouseをジョイントし、ダブルスパイク化です。
Catのみの場合に比べ、より明確な画になり、何もしていなかった時とは大きな差が!
ちなみに、Catが上側(プロジェクター側)、Mouseが下側です。

その後、ボードを入れてみました。
それもかなり効いていて
映像がより明確に生々しくなりました。

ここまで、音と映像がよくなると映画も楽しく観れ、週に5本はみています。
ここまでくると、シアターもメインのシステムで音を出したらどうなっちゃうの!?
と感じますね(・_・;笑

>プロジェクター(4K)への買換えをきっかけに、KRYNAの電源ケーブルインシュレーターでさらにグレードアップ!!
電源ケーブルについては、液晶テレビなどでも使用できる事もあり、他のユーザー様からも感想を頂く事がありますが、インシュレーターの方はプロジェクターならではの使いこなしです!
音色を"変える"事を楽しむのでは無く、あるべき情報を"引き出す"ための電源ケーブル・インシュレーターだからこそ、音だけではなく映像系の機器でも高い効果が得られるのでしょうね!
皆様がお使いの映像機器は、KRYNAのケーブル・インシュレーターでどれ程までのレベルアップができるのか・・・・試してみた方は、ぜひ結果をお聞かせ下さい☆
author:AudioShop PLUTON, category:k.a様, 13:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 k.a様 《Palette》
> 神奈川県のk.a様から、KRYNAのオーディオインシュレーションボード『Palette』のレビューを頂きました!

クライナのボードといえば、惜しくも生産終了となってしまったオルケスタです。これに代わって新たに登場したのが、パレットです。
このパレットがまた素晴らしいの一言です!まさにオルケスタ以上の効果です。

私はこのパレットをCDプレイヤー(クライナのAUBE)の下に入れました。その結果、音が軽やかになりました。軽やかになったのに情報量は減っていません。むしろ情報量が増えました。
ボーカルの高さがよりあがり定位もしっかりしてきます。そして、クラシックを聴くと、奥行き、広がりが大きく向上していました。ボードを入れただけなのに、アンプをグレードアップしたかと思うほどの激変でした。

また、パレットは底にダイヤモンドフォーメーションでT-PROP(M6)がつけることができます。私の場合はT-PROPを入れるとCDプレイヤーがラック内に入らなくなってしまうため、T-PROPではなくX17(D-PROPのシングルスパイク版)をダイヤモンドフォーメーションに使いました。X17を使うことで数mm低くなり、ギリギリでしたがラック内にはいりました。
ボードだけでもかなりの効果があったのが、ボード下にスパイクインシュレーターを入れたことで、自然な音となり、より心から音楽を楽しめるようになりました。



今後はプリアンプなどにも使っていってみたいです。そのためにも、貯金をしなくては……!

>レビューのご投稿、ありがとうございました!
ちなみに、写真のラックは旧KRYOTON時代のオーディオラックAR-20(内高さ20cm)です。
計算してみると・・・・
AUBE(CDプレーヤー)の高さが11cm(付属の足を含まず)
D-PROP(インシュレーター)が高さ3.2cm
Paletteボードが高さ3.4cm
・X17が高さ1.75cm
なので・・・・隙間はなんと6mmほど!!まさにギリギリのセッティングですね☆
ちなみに、現行ラインナップのシングルスパイクインシュレーターCatは高さ1.95cmですので、こちらもでも入りそうです。

音が軽やかになったのに情報量は減っていません。むしろ情報量が増えました。』というご感想は、ホログラフィックサウンドを評価する上でとても重要なポイント!
スーっと抜ける"軽い音"で、かつ音場空間の広がりや奥行き、情報量があるサウンドになると、非常に心地良く音楽が楽しめるようになります♪
この後の続報についても、ぜひまたお聞かせ下さい!!
author:AudioShop PLUTON, category:k.a様, 16:03
comments(3), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 k.a様 《AztecaTower》
> 神奈川県のk.a様より、リビングシアターのセッティング再調整&ルームチューニングについてのコメントを頂きました!

どうもk.aです。

リビングシアターの追加レビューです。

今回は2本のスピーカーでサラウンド感を出すにはどうしたらいいのか…?
と思い、色々と試してみました。

スピーカーをDUET39
アンプをLevy9
にしたことにより、かなり音場感や抜けの良さなどが満足できるレベルとなりました。

しかし、スピーカーが5個などで出すようなサラウンド感はうまく出ず、唯一気になることでした。

確かにスピーカーを増やせば、改善するとは思います。が、部屋にスピーカーを何個も置きたくない、またAVアンプを用いることの音質劣化が許せず、どうても2本のスピーカーのみしか使いたくないのです。

こういう悩みがある時は…
クライナに助けを求めることが一番です(笑)

ドライブがてら、クライナに行き
アドバイスをもらってきました!

.好圈璽ーの内ぶりの角度の見直し
現在は、スピーカーの交差点から50cm後ろにリスニングポイントとしている。
これを、少しずつ外側に向くように調整しました。
今までの経験上、スピーカーの内ぶりの角度を少なくすると、確かに広がりなどは出るように感じるが、スピーカー間の定位が曖昧となったり、音の濃さが極端になくなったりと、欠点が多かったです。
しかし、クライナの製品はスピーカーの音離れが格段に素晴らしいため、欠点よりも広がりなどのよい部分が目立つようになりました。

スピーカーのセッティングは大切だと改めて実感しました。

▲▲好謄タワーの設置
リビングはインテリアを重視したいと思っており、アステカタワーをはじめ綿雪なども置きたくないと考えています(・_・;

そのため、アステカタワーは設置したくない(笑)
そう、思っていました!
スタッフに「タワー試してみな!改善するよ」と言われ、実際に試してみるまでは…

試した結果は、アステカタワーを設置することで、格段にサラウンド感が出るようになりました。タワーを増やせば増やすほどサラウンド感が出てきます。
まさに、タワー自体がスピーカーとなっているようです!
これには、驚きました。試してすぐに、クライナに電話をし報告をしたぐらいです。しかも、営業時間外に…(・_・;笑

タワーなら、アステカや綿雪単体などと異なり、壁に貼り付けなくてよく移動が容易です。それに何と言っても軽いです。
リビングで映画を見る際にのみ、隣のメイン部屋からタワーを移動しています。

タワーの設置場所は
スピーカー後ろ
リスニングポイントの真後ろ
リスニングポイントの真横より15cm後ろ(45度ほどに内ぶりにしています)
です。

´△砲茲蝓
サラウンド感が格段によくなりました。
アステカタワーは本当にオススメです。

>コメントをお送り頂き、ありがとうございました!
スピーカーのセッティング、そしてルームチューニングの調整は、オーディオの機材選びと同じくらい大切な要素となってきます。
特に、システムのレベルが大きく変わった後などは、再度調整にチャレンジしてみると、さらに良いセッティングが見つかったりするのでおススメです!

ルームチューニングのAztecaTowerなどは、ポンと置いただけでも大きな効果が得られ、セッティングの調整・変更もしやすいので使いやすいですよね♪
見た目の印象についても実際に設置してみると意外と気にならず、ただただ絶大な効果に驚かれる方がほとんどですよ!
author:AudioShop PLUTON, category:k.a様, 13:56
comments(3), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 k.a様 
> 神奈川県のk.a様より、KRYNAの管球式プリメインアンプLevy9のレビューを頂きました!

いつもお世話になっております。

映画を、よりよい音・画で観たいと思い、クライナに相談したことが、今回のシアターシステム一新の始まりでした。

今までは、PS3をプレーヤーにし、L社のプリアンプ・M社のパワーアンプ、スピーカーにM社のトールボーイスピーカーを使用していました。
しかし、映画を観ても全く面白くなく、途中で観るのをやめてしまうこともありました。
2本のスピーカーのみのため、広がり感や低域の量感などが出にくかったです。

今回、シアターシステム改善のために、まず考えたことは、アンプの交換です。



そんな時に、ちょうど中古で入ってきたクライナのプリメインアンプのLevy9がありました。
クライナが以前、発売していた真空管アンプとのことで、初めて音を聴きましたが、さすがクライナ!
まさに一言で言うならば、ホログラフィックサウンドです。広がり感や低域の出方がアンプを交換しただけで、かなり満足できるレベルに。これには、本当に脱帽でした。
迷わずすぐに購入しました。



さらに音質向上するために、電源ケーブルにACCA5、C-PROPmini exとD-PROPmini ex(それぞれ2個重ねて使用)、ARボードの特注タイプを使っています。

>レビューをお送り頂き、ありがとうございました!
シアターシステムと言うと、まずは5.1chや7.1ch、11.2ch(!)などのスピーカーを多数使用したサラウンド構成が思い浮かぶ方がほとんどかと思います。
しかし、スピーカー間の音のつながり、音場空間の高さの表現、ハッとする様な空気感などについては、2ch(左右2本)のスピーカーをきちんとしたアンプで鳴らした方が簡単に再現出来る事は、あまり
知られていない様に感じます。
リアスピーカーが無くても空間の広がりを感じられ、サブウーファーが無くてもしっかりと実体感のある低域が得られるKRYNAサウンドは、通常のサラウンド構成とはまったく別の世界を感じることが出来るシステムのですので、皆さんもぜひチャレンジしてみて下さい!
author:AudioShop PLUTON, category:k.a様, 19:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 k.a様 新製品!アステカタワー!!
> k.a様より、Aztecaタワーの設置レポートをお送り頂きました!

アステカやワタユキ、KPシート…
これらのルームチューニング材はひとつだけでも非常に効果がありました。
が、このアステカタワーは別格です。その完璧すぎる効果に気がついたら部屋中アステカタワーに!?



アステカタワーはスピーカー背後に5列で高さは4段にしています。これで、音の広がりや高さ、奥行きがかなり表現されます。
また、自分の横にもアステカタワーを左右に置きました。なぜか、音が回りはじめ、音楽を聴くのがかなり楽しいです。

まだ、色々と試し中ではありますが
今のところこの置き方で落ち着いてます。



この度、新居に引っ越し
また、賃貸であるのでアステカタワーでアステカ、ワタユキが配置できるのもかなり助かります。

>レビューをお送り頂きまして、ありがとうございました!
k.a様のセッティングは、高さ240cm(4段)のAztecaTowerを、スピーカーの後ろ側に5本、リスニングポイントの両側に2本、合わせて7本の組み合わせになっています。
その他にも、吸音材のKP105や単品のAztecaなどを設置し、さらに音場の調整をしているご様子です。(実は、天井付近にも吸音材が付けてあります・・・・気がつきましたか?)

写真では、2・3段目は金、1・4段目はナチュラルのAztecaをお使いですが、後日談として、一番上も金の方が良かったとのお話も・・・・?
ぜひ、調整を進めてみての続報もお聞かせ下さい♪
author:AudioShop PLUTON, category:k.a様, 13:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 k.a様 
> 神奈川県のk.a様より、KRYNAの電源トランスKNT-1000のレビューを頂きました!

電源トランスのKNT-1000ですが、これがまた素晴らしいです。

このトランスはネット上にもあまり出てない、クライナさんがKryptonの時代に作ったものらしく、トランスには「krypton」の文字があります。



様々なメーカーが出しているクリーン電源やトランスをつかうと、低域がしまったり、エネルギッシュな感じになるのですが、どの製品を使っても広がりや高さ、奥行きの空間表現が減ってしまいます。

しかし、このクライナさんのトランスだけは違いました。他社製品とは違い、空間表現が素晴らしく、高さが出て目の前でボーカルが立って歌ってくれているようです。また奥行き・広がりが表現されクラシックではティンパニーなどが奥深くに定位しはじめ、ハーブなどは奥行きを伴いつつもスピーカーよりも少し外辺りに定位しはじめました。

そして空間表現だけでなく、低域・高域はキレイに伸びていくのもあり音の余韻までうまく表現します。

>電源トランスのKNT-1000は、数あるKRYNAの製品の中でもあまり知られてない『知る人ぞ知る』人気モデルです。
2口のコンセント×3列、計6個口のコンセントで、用途に合わせてフレキシブルな使いこなしが出来る電源トランス。
1000W分の容量があるので、1台あれば色々なオーディオ機材が接続できる優れものです。

コンセントから出ている電気は、他の部屋で使っている分の影響などを受けて意外と汚れています。
特にマンションやアパート、団地などにお住まいの方は、電源をきれいに整えてあげる事で、驚くほどの効果が出ますよ!
興味のある方は、ぜひPLUTONで詳細をご相談下さい!
author:AudioShop PLUTON, category:k.a様, 16:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 k.a様 
 > 神奈川県のk.a様より、KRYNAの音響パネルAztecaの使いこなしレビューをお送り頂きました!

ルームチューニングはホログラフィックサウンドへの第一歩!?

いくら良いシステムであろうと、部屋という大きなエンクロージャをしっかりチューニングしないと、ホログラフィックサウンドを表現することは難しいのではないでしょうか…

アステカを購入し、その効果を体感し、私は上記のようなことを考えました。

現在、私は33個のアステカを使っています。

その中で、最も効果が高かったのは、やはりスピーカー背面でした。
私はスピーカー背面に10箇所アステカを配置しています。
まず、配置したのが上角の2箇所です。これで、ボーカルの高さあがり、奥行きも表現されはじめました。そして、内側に向けるためにアステカの角度を調整しています。ちなみに、斜め下向きにすると音場も下がってしまいました。
次に天井付近に5箇所つけました。この時、できるだけ天井に近い場所につけると、より高さや奥行きの表現ができました。
また、天井付近につけたアステカよりも約15儔爾3箇所つけてみたところ、解像度があがり、空間表現もより再現されるようになりました。

他には、横の壁にもつけてみました。ここも、やはり天井付近につけるのがよかったです。横の壁は、アステカをつけることでの解像度の向上はありますが、どうも空間表現が曖昧になりやすい箇所が多かったように感じました。私の部屋では、左右の部屋中央に天井よりも約15儔爾貿枌屬靴泙靴拭

自分の後ろの壁にも効果がありました。後ろも、スピーカー背面と同様に上角に1箇所ずつつけました。ここもまた効果が素晴らしく、後ろに音が抜けはじめました。また、自分の真後ろの天井付近にも1つつけました。

天井は、効果抜群のため慎重に配置箇所を決めていきました。色々と試した結果、自分の真上に1つとスピーカーと自分の中間地点に1つ配置することにしました。



アステカは色でも音がかなり違います。断トツで音が良いのは、☆金☆でした。これは一聴してわかるほど他の色との差が大きかったです。そのため、私は効果の高いスピーカー背面に金をメインに配置しました。
しかし、すべて金にすればよいかと言われると、それは違いました。横の壁や後の壁・天井に金を使うと効果が大きすぎてしまい、定位が曖昧になったりと短所も目立ってしまいました。そういう箇所は無難にナチュラルがベストでした。

スピーカー背面にはやはり金が一番!と言いましたが、実は金以上に音がよいものがありました。

クライナさんのD-PROPとT-PROPを重ねて使うとより解像度があがり、よりホログラフィックサウンドになります。以前のクライナさんのブログに紹介されていて、真似した方もいるのではないかと思います(私も真似しました)。また、最近ではCATとMOUSEのようにジョイントすると、効果が二乗になる製品も発表されました。
このインシュレーターのように、アステカも重ねたらどうなるのかな?とふと思い、実践してみましたところ、ものすごい体験ができました。これは、金とナチュラルの差以上です。
なぜ、そこまで音質の向上ができたのか自分なりに考えたところ、
アステカは金が最も重量が重いです。この重さが金の音質のよさの1つに繋がっていると思います。これと同様にアステカを重ねることでの重量増加。
また、アステカが重なることでより、アステカが外箱から前に出ることで拡散量が増える。
などの要因があり、総合的に音質向上となるのではないだろうか。



現在は金の後ろにナチュラルを2個重ね、計3個重ねて配置しています。
アステカを重ねて配置することで、こうも一気に情報量が増え、ホログラフィックサウンドになるのか!!と驚きを隠せないでいます。
重ねることでコストはかかりますが、重ねる価値は充分にあると思います。

大変長くなりましたが、アステカはかなりの特効薬です。正しい位置を探すのは大変でしたが(何ヵ月もかかりました)、そうしてできた大きなエンクロージャで鳴らす、オールクライナシステムには敵なしです。

Aztecaの使いこなし方法をご紹介頂き、ありがとうございます!
Aztecaをはじめ、Watayuki/DokayukiにKP105/KP55と、色々なバリエーションがあるKRYNAのルームチューニング材シリーズ
設置位置については、これと言った正解は特にありませんので、「正しい位置に置かないと効果が無い!」という事はありませんが、「もっと効果があるセッティングがあるかも・・・?」と色々な設置位置にチャレンジしてみると、さらに効果的なポイントが見つかる事もあるのが面白いですよね!

Aztecaを傾けて設置している方はいらっしゃいますが、Aztecaを重ねて設置というのは新しいアイデアかもしれませんね。
皆さんも色々なセッティングに挑戦してみると、思っていた以上に劇的な効果が発揮ポイントが見つかると思いますよ!!
author:AudioShop PLUTON, category:k.a様, 15:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神奈川県 k.a様
> 神奈川県のk.a様より、吸音材KP105レビューをお送り頂きました!

こんな製品がほしかった!吸音材のKP-105

こんな製品ありそうで、意外となかったのでは?

発売と同時に数枚買い、様々な場所にカット&トライしてみました。遊び心満載で、しかも効果が素晴らしく今では105が6枚と55が1枚を使っています。



写真にもあるように、スピーカーの後に1枚ずつ。ここはワタユキやドカユキでは効きすぎて、奥行き感などは出てくるが、こもりが生じたりと一長一短な面がありました。
しかし、このKP-105を使うとこもりが生じなく、ホログラフィックサウンドにできました。



また、天井にも使うと効果が素晴らしかったです。
色々と試した結果、写真のようにスピーカー間に1枚使うのがよかったです。
スピーカー上に1枚ずつでは、効きすぎてしまい音が死んでしまいました。
また、リスニングエリア上は確かに効果がありましたが、やはりアステカのほうがよかったです。

それ以外にはリスニングエリアの後ろの壁(窓)に2枚はりました。空間表現がぐっとよくなり、後ろに窓があることを忘れられるようになりました。
また、スピーカー前の床にはドカユキを置いていましたが、ここを55にするとよりよかったです。ドカユキだと効きすぎていたようです。
横の一時反射も、ワタユキやドカユキでは効きすぎてしまい、アステカでは解像度はあがりますが少し空間表現に違和感を覚えてしまいます。ここに、55を半分にの大きさに切り使用すると、静寂感が生まれました。まさにINCA5から7にかえた時に近い変化かなと思いました(ちょっとオーバー!?)。

ワタユキやドカユキでは効きすぎてしまう場所だけでなく、ワタユキやドカユキがベストと思っている場所にもKP-105や55を使ってみると新たな発見があるかもしれない。
追加で何枚か欲しくなりました!

KP105のレビューをお送り頂き、ありがとうございます!
写真に写っているスピーカーは、KRYNAのHAD-2000と言うモデルです。
あまりみる機会のない珍しいモデルですが、D702などに近いサイズのトールボーイ型スピーカです。
下の角にはWatayukiを設置し、後ろの面の部分にはKP105と、うまく吸音のバランスを調整した配置になっていますね!
KP105はカットして量を調整する事も出来るので、Watayukiだとちょっと吸音しすぎているかな・・・と思っていた所にも使いやすい吸音材です。

天井に取り付けたKP105は、興味がある方も多いのでは無いでしょうか?
k.a様の場合は、画鋲で左右3箇所ずつ、計6箇所を固定して取り付けています。
照明があるくらいで、基本的に平らな面のままになっている天井は、KP105Aztecaなど、ルームチューニング材の効果がかなり発揮されるポイントです。
皆様も、ぜひ色々とチャレンジしてみて下さい!
author:AudioShop PLUTON, category:k.a様, 14:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark